デスパレートな妻たち3 第15話 生と死の境目/ The Little Things You Do Together - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

デスパレートな妻たち3 第15話 生と死の境目/ The Little Things You Do Together

デスパレートな妻たち3 第15話:生と死の境目
Desperate Housewives season 3 #015: The Little Things You Do Together

デスパレートな妻たち3-015


(あらすじ)
スーザン:イアンからのプロポーズに即答でOKする。
リネット:ピザ店の開店パーティーは大盛況。トムから功労者として紹介され感無量。
ガブリエル:二日酔いで目を覚ますと、隣には下着姿のザックが!
ブリー:睡眠薬入りスープで意識朦朧となり殺されかかる。
スポンサーリンク

フラッシュバック(モニークの家):オーソンとグロリアの会話


◆オーソンからモニークに何をしたのか問われると
Gloria: "It was self-defense."
 (正当防衛よ)

◆モニークが死んでいることに気付いたオーソンに
Gloria: "I know. And I'm sorry, but what's done is done. "
 (知っている。謝るわ。いまさら遅いけど。)

【英語メモ】
・self-defense 自衛、自己防衛、正当防衛
・What's done is done. 済んだことは仕方ない。/もう終わったことだ。


ガブリエルの家:ガブリエルとザックの会話


◆二人の夜の出来事を話し始めるザックに対しガブリエルは
Gabrielle: "Okay, okay, stop talking. I'm getting nauseous."
  (わかった。もうそれ以上言わないで。吐き気がしてきた。)

【英語メモ】
・nauseous (人が)吐き気を催す、むかむかする

リネットの家:リネットとトムの会話


◆ピザ店の開店準備で頭がいっぱいのトムをちゃかすリネットに
Tom: "Don't patronize me! "
 (子供扱いするなよ。)

【英語メモ】
・patronize (人の)上に立った態度を取る
 Don't patronize me. 恩着せがましくしないでよ。/子供扱いしないでよ。


ブリーの病室


このエピソードのブリーの場面が集約されたビデオ


◆ブリーとアンドリューの会話(0:56)
ブリーのケガをオーソンの仕業だと疑うアンドリューは
Andrew: "Mom, I looked at that ladder. Someone sawed through the rung."
 (はしごを調べたら段に切ったあとがあった。)

◆ブリーとスーザンの会話(1:40)
二人は絶交中だったけど...
Susan: "Something like this happens, it just puts everything into perspective. "
(こんなことがおきて、全体がみえるようになった)

【英語メモ】
・saw ~をのこぎりで切る
・rung (はしごなどの)段
・put ~into perspective ~を大局的に見る


アルマの家:グロリアとアルマの会話




◆グロリアはオーソンが自殺未遂したと言い、不吉なセリフを(0:44)
Gloria: "Bree will be gone soon, and he'll need a good woman like you to console him."
(ブリーはもうすぐいなくなる。オーソンには慰めてくれるあなたのような人が必要になる。)

【英語メモ】
・console  ~を慰める、元気づける


トムのピザ店の開店パーティー


◆ガブリエルがザックとの会話の途中で席をはずすときに
Gabrielle: "Would you excuse me a second?"
  (ちょっと失礼するね)

◆ガブリエルがカルロスにザックを脅すように頼む
Gabrielle: "You know, intimidate him."
  (彼を脅して)

【英語メモ】
・Would you excuse me?
 誰かと話している最中にちょっとその場を離れないといけないときに使う表現

・intimidate ~を怖がらせる、 ~を脅迫する、脅かす


ブリーの家:ダニエルとグロリアの会話


◆ブリーの世話の為、パーティーに行けなかったダニエルに
Gloria: " A vibrant young lady like you should be at the party, turning boys' heads."
 (あなたみたいに若い女の子はパーティーに出て、男の子の注目を浴びるべきよ)

◆ダニエルに睡眠薬入りスープを運ばせるグロリア
Gloria: " I don't think I can manage the tray with my cane."
  (私は杖をつきながらトレイを運ぶことができない)

【英語メモ】
・vibrant 活気のある、活力のある
・turn heads 〔人が振り向くような〕注目を集める
・cane【ケイン】 杖、ステッキ

※以前は優等生のキャラだったダニエルがかなり頭の弱いキャラになって、親不孝だったアンドリューがとてもよい息子に変身したのが驚きです。


トムのピザ店の開店パーティー


◆トムがリネットに
Tom: "Honey, there is a line out the door. We are gonna make a killing tonight."
 (外に行列ができている。今夜はすごい売り上げになるぞ)

◆イーディーからトムへ祝福の言葉
Edie: "Hello! I think it's high time to make a toast. Tom, you did it. There are a lot of people in this room that didn't think you could pull it off. Okay, well, maybe just me. Anyway, congratulations. The pizza is excellent, and the service is sublime. Cheers. Cheers."
(そろそろ乾杯しましょう。トム、やったわね。絶対に無理と思った人がたくさんいるはずよ。私だけかも...。とにかくおめでとう。ピザはおいしいし、サービスも最高。乾杯!)

【英語メモ】
・make a killing 大もうけする
・It's high time to ... まさに~すべき時である
・make a toast  乾杯する、乾杯の音頭をとる
・pull off (困難な状況の中で)成功する、成し遂げる
・sublime 卓越した、抜群の


ブリーの家: ブリーが殺されかける


アンドリュー、オーソンがブリーを助けようと家に戻るシーン


◆オーソンがグロリアとアルマの様子を語る(0:02)
Orson: "Tomorrow morning, one of our neighbors will stumble on a gruesome surprise."
 (明日の朝、近所の誰かが陰惨な光景を発見するだろう)

【英語メモ】
・stumble on ~を偶然見つける(発見する)
・gruesome【グルーサム】 身の毛もよだつ、身震いするほど恐ろしい、陰惨な
 見るもおぞましい様子を表す形容詞。流血や暴力的な死をイメージさせる。


事件解決~グロリアの病院


最後のシーン


◆オーソンがグロリアに(1:34)
Orson: "The doctor said your stroke has left you completely paralyzed. "
 (先生が母さんは一生動けないと言った)

【英語メモ】
・paralyze ~を麻痺させる、しびれさせる


英語トランスクリプト、DVD情報


◆スクリプト入手元⇒デスパレートな妻たちのスクリプト

◆デスパレートな妻たち シーズン1~3 DVD完全版



雑記


NHKでの放送は最後までみたのですが、ブログでの復習が長らく中断していました。「デスパレートな妻たち」はストーリーが面白いのはもちろん、英語のリスニングも語彙もそれほど難しくなくてちょうどよいレベルなのでまた勉強再開しようと思います。


スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/867-3f92c8d7