2回目のCASEC(キャセック)を受験しました - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

2回目のCASEC(キャセック)を受験しました

5月にTOEICを受験するので、現在の自分の実力を知るために約1年ぶりに「CASEC」を受験しました。CASECは、自宅で30分程度で受験できて、結果がすぐにわかるというのが魅力です。

スポンサーリンク

■結果

去年よりもダウン。少しは点数が上がっていることを期待していたのに...。

去年のスコアは、(Total808点、TOEIC835点、TOEFL546点、英検準1級)

そして今日のスコアは、(Total764点、TOEIC810点、TOEFL529点、英検準1級)

こんな感じで結果表示されます(クリックで拡大)
CASEC キャセック

セクション別スコア(各セクション250点中のスコア)
Sec1(語彙の知識):187点
Sec2 (表現の知識):221点
Sec3 (リスニングでの大量把握能力):179点
Sec4(具体情報の聞き取り能力):177点

Sec3と4(リスニング)がダメだった。去年はSec3、4ともに200点を超えていたのに。。。
リスニングはどちらかというと自信があっただけにこの結果にはちょっとショック。訛りの強いスピーカーの英語の問題数が思った以上に多く、よく聞き取れなかったので、おそらくそのあたりが敗因ではないかと...。


アドバイス文
語彙力:新聞・雑誌などを読み、十分に内容を理解するだけの語彙力があります。
語彙力にさらに磨きをかけるには、政治・科学・経済などより専門的な語彙を増やしましょう。その際、"court - judge"などのように、関連する単語を図式化して覚える"word mapping"を実践してみましょう。

表現力:日常生活及び社会生活に必要な英語表現は大分身についています。
その場にふさわしい表現を、会話全体の状況を読み取り選ぶことができます。より専門的な話題でも、自分の意思を表現できるよう、さらに幅広い分野の表現を身につけていきましょう

聴解力:Native-speakerが普通スピードで話す比較的広い範囲の話題についての会話を聞き取り、概要及び詳細が理解できます.
会話中で直接言及されていない内容でも、聞き取った内容から話題を類推することができます。ただし、情報量が増えると一部聞き逃してしまうことがあるので、聞こえてくる内容を即座に理解できるよう心がけましょう。それには、普通スピードで話される数分間の英語を集中して聞き取る練習が効果的です。

■CASECを受験するには
CASECの受験はこちら↓ (簡単な申込みですぐに受験できます)





<雑記>
この結果からすると、またしてもTOEIC目標点の860点は無理ということに...。
この結果を真摯に受け止め、TOEICまであと1ヶ月、少しは対策をしようと思います。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/859-8bf5dae0