デスパレートな妻たち3 第5話 破壊の女神たち/ Nice She Ain't - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

デスパレートな妻たち3 第5話 破壊の女神たち/ Nice She Ain't

デスパレートな妻たち3 第5話:破壊の女神たち
Desperate Housewives season 3 #05: Nice She Ain't

(あらすじ)
スーザン:マイクを病院から誘拐してウィステリア通りに連れて来るがイーディ現れる。
リネット:トムから夢はピザ店を開くことだ、と告げられる。
ブリー:娘ダニエルが、不倫を邪魔されたことに反抗して自殺未遂。
ガブリエル:カルロスの昔の仕事のライバルを連れベッドルームへ...。
イーディ:病院でマイクの恋人を振る舞い、スーザンをマイクから遠ざけようとする。

(英語表現)ストーリー順
スポンサーリンク

ホテル/Hotel:ダニエルと不倫相手の現場へブリー突入
■Gus: "Name's Gus, and we're all booked up." (部屋はすべて満室)

・be booked up すべての部屋が予約済みである、予約で満室の

ブリー家/Bree's House:不倫を邪魔されたダニエルが反抗
■Bree: "Remind me to buy paper plates. We'll need them till a certain someone can be trusted with china again."
  (紙皿買うように言ってね。誰かさんが食器で食べられるようになるまで使う必要がある)

・remind someone to (人に)~することを忘れないように言う、気づかせる
・china 陶器、瀬戸物

ガブリエル家/Gabrielle's House
■Gabrielle: "Did you really think you're gonna seduce me?"
 (私を誘惑しようと思ってたの?)

■Carlos: "As I was trying to say, I have company over."
 (言いたかったことは、お客さんがいるということ)

・seduce【セデュース】 誘惑する、くどく
・company 来客、訪問客

マイクの病室/Hospital - Mike's Room:スーザンが音楽でマイクの記憶を戻そうとする
■Susan: "So the doctor said I should use as many things as I can to jog your memory."
 (先生は、記憶を呼び起こすために出来るだけ多くを使ったほうがよいと言った)

■Mike: "You know, I'm really beat."  (なんかすごく疲れた)

・jog someone's memory (人)の記憶を呼び起こす
・beat (形) 疲れきって、へとへとで、くたくたで

病院の待合室/Hospital Waiting Room
■Andrew: "She tried to slit her wrists with a spoon."
(彼女はスプーンで手首切ろうとした)

■Doctor: "She's a little groggy, but she'll be fine. The wounds are fairly superficial."
(少しぼんやりしていますが、大丈夫です。傷も浅かったです。)

■Doctor: "She is resisting our efforts to pump her stomach. She says she only took three sedatives." (鎮静剤を3錠飲んだだけだと言っていて、胃洗浄に抵抗しています。)

・slit one's wrist 手首を切る、リストカットする
・groggy【グッギー】 足元がふらつく、意識がもうろうとした
・superficial wound 浅い傷
・resist ~に抵抗する
・sedative【ダティヴ】 鎮静剤

スーザン家の外/Outside Susan's House:ジュリーとオースティンの会話
■Austin: "I charge fifteen an hour to make out, so I'll probably break even."
 (俺とイチャツクのも15ドル。だからチャラになるね)

・make out (男女が)イチャイチャする
・break even 収支が合う、トントンになる

ジュリーの部屋/Julie's Bedroom:ジュリーがオースティンのレポートを手伝っている
■Julie: "if my mom came home, she'd flip. Now put that away."
 (ママが帰ってきたら騒ぐから、片付けて。)

■Austin: "I didn't read a lot of Shakespeare in juvie."
 (少年院ではシェークスピアは読まなかった)

・flip かっとなる、キレる
・juvie【ジューヴィー】 少年院

ガブリエル家/Gabrielle's House:ガブリエルがフィルロペスを連れてくる
■Gabrielle: "You were up for the Latino Businessman of the Year award that Phil won."
 (あなたは最優秀ラテン系ビジネスマン賞の候補だった。勝ったのはフィルだけど。)

・up for ~の候補になって

リネット家/Lynette's House
■Lynette: " when you first pitched the whole pizza concept, I was a wee bit skeptical."
 (最初にピザ店の話したとき、少し疑っていた)

■Lynette: " are you aware that ninety percent of restaurants tank in their first year?
 (レストランの90%が最初の年につぶれているって知ってる?)

・wee bit ほんの少し
・skeptical 懐疑的な
・tank (俗)ダメになる、大失敗する

ウィステリア通り/Wisteria Lane:スーザンがマイクを病院から連れ出す
■Edie: "Wow. How self-absorbed can you be?
 (どこまで自意識過剰なの?)

・self-absorbed 自己陶酔の、自分のことに没頭した

スーザン家玄関/Susan's Porch - Nighttime
■Austin: " You're, uh, pissed 'cause I hooked up with your friend."
 (僕が君の友達と仲良くしたので怒っているんだ)

・pissed (卑)怒って、腹を立てて
・hook up with (異性と)くっつく、いい仲になる、結婚する

ブリー家/Bree's House
■Danielle: "Oh, you'll be happy to know he dumped me."
 (彼が私を振ったと知って幸せでしょう)

・dump (恋人を)振る

リネット家/Lynette's House
■Tom: "I mean, it's not a done deal yet."
 (まだ決まっていない)

■Nora: "Lynette put the kibosh on it, huh?"
 (リネットが阻止してるんだ)

・done deal すでに決まったこと、解決したこと
・put the kibosh on ~を阻止する、~を終わらせる






スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/712-f2e603b2