モナリザ スマイル(Mona Lisa Smile) - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

モナリザ スマイル(Mona Lisa Smile)

週末にムービープラスでやっていたジュリア・ロバーツ主演のモナリザスマイルをみた。前に一度見たことがあったのに半分くらいストーリーを忘れていた...´д`トホホ。生徒ベティ役のキルスティン・ダンストは意地悪な役が実にはまっていた。
この映画に対する世間の評価はいまひとつのようだけど、私は結構好きな映画の一つ。

美術史の授業にでてくる英語は少し難しかったけど、全体的に英語の発音も聞き取りやすくわかりやすい英語だった。
スポンサーリンク

■英語メモ
(美術史の成績の件でベティがキャサリンに)
Miss Watson, with all due respect...(ワトソン先生、失礼ですが...)
with all due respect 恐れながら、失礼ながら、お言葉を返すようですが ◆相手の発言に対して丁寧に反論するときの前置きとして

(ジョーンがロースクールに合格したとベティに打ち明けたときのベティの一言)
You've got to be kidding me!(あきれた!)
You've got to be kidding me! 冗談でしょ。嘘でしょ。

(キャサリンが怒り口調でベティに)
You seem so good at butting into other people's business.(人のことに口を出しすぎよ)
butt into 他人の話に口を挟む、他人ことに干渉する

(キャサリンが教室で)
Class dismissed.(授業はここまで。)
dismiss 解散する

モナリザ・スマイル
モナリザ・スマイル
posted with amazlet at 08.08.04
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-02-28)
売り上げランキング: 61556
おすすめ度の平均: 4.0
4 自分で考えるということ
4 ファッションに拍手、パチパチ!
4 美しい画面の中で互いに苛立つ人々
3 視点を変えた勧善懲悪モノ?
5 深いお話だぜ


スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/604-0dadea65