play it by earとは? - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

play it by earとは?

外国人の友人とLineでメッセージのやり取りをしていたら、「Let's play it by ear.」という表現がでてきました。play it by earというのは私自身は使ったことがなかった表現ですが、調べてみるととても便利な表現だと分かったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

play it by earは直訳すると『(楽譜なしで)耳でそれを演奏する』というのがもともとの意味です。

例えば、天才ピアニスト辻井 伸行さんについて、

Japan’s blind piano maestro plays it by ear.
日本の黙々のピアニストは楽譜なしで演奏する

と海外の記事で紹介されていました。このように本来の意味でも使われますが、

play it by earは「楽譜なしで演奏する」という意味から派生して、

臨機応変にやる」「成り行きに任せる

という意味でもよく使われます。英語で言いかえるとimprovise(即興でやる、行き当たりばったりでやる)となります。難しい単語ですね。

ちなみに、私が外国人の友人とやりとりしたラインの内容は、

私:My schedule is not decided yet.
スケジュールがまだ決まってないの。

友人:OK. Let's play it by ear.
じゃあ、臨機応変にやろう!

といった感じでした。

play it by earの意味をしらないと、???となりますね。

予定がはっきりしないときなどに、事前に計画を立てずにその場の成り行きで行こう...的に使える便利な表現ですね!

(play it by earをつかった例文)
If something does happen, I'll just play it by ear.
もし何か起こったら、ただ臨機応変にやるだけだ。

You'll have to play it by ear at the interview.
面接では臨機応変に答えなくてはならないでしょう。

スポンサーリンク

よく読まれている人気の記事

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1966-a46ffbef