オリンピックから生まれた do a Bradbury とは? - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

オリンピックから生まれた do a Bradbury とは?

平昌オリンピックは日本人選手が活躍して盛り上がっています。そこでオリンピックから生まれた英語表現を紹介します。

do a Bradbury

直訳は「Bradburyする」となります。Bradburyとはオーストラリアのスピードスケート選手のSteven Bradbury氏のことです。オーストラリアのスラング(俗語)ですが、どういう意味かわかりますか?

スポンサーリンク

ブラッドバリー選手は、2002年ソルトレークシティオリンピックのショートトラック1000mで金メダルを獲得しました。オーストラリアのみならず、南半球の国で初めての冬季オリンピック金メダルでした。その功績をたたえオーストラリアではブラッドバリー選手の切手が発行されたほどでした。

「do a Bradbury」というスラングができたのは、ブラッドバリー選手が金メダルを獲得した経緯が奇跡的だったためです。

ソルトレークシティオリンピックでブラッドバリー選手は準々決勝で3位になり、ここで敗退と思われたが先着の選手が失格となり繰り上げで準々決勝に進出。さらに準決勝では、優勝候補たちに大幅に遅れをとるレース展開となったが、先頭集団が集団転倒して漁夫の利を得るように決勝へと進出。

そして決勝。棚ぼたで勝ち上がったブラッドバリーは、当然他の選手に大きく後れを取ったが、ラスト1周の最終コーナーで他の4人が全員転倒というアクシデントに見舞われ、一人後方を滑っていたブラッドバリー選手は悠々とゴールインして優勝。見事に金メダル獲得した。

こちらが決勝の動画↓


このオリンピックでの出来事から、do a Bradburyという表現がうまれました。「棚からぼたもちで成功する」「番狂わせで勝つ」「漁夫の利を得る」という意味です。

スポンサーリンク

よく読まれている人気の記事

関連記事

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1946-4c4bb344