dangerousの発音はデンジャラスではない - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

dangerousの発音はデンジャラスではない

「危険な」という意味のdangerousですが、「デンジャラス」と発音していませんか? 「デンジャラス」でも通じますが、正しくはないのです。

他にもapronをエプロン、changeをチェンジ、angelをエンジェルと発音するのは正しくないって知っていますか?

スポンサーリンク

dangerousの発音


dangerousの発音記号は、[déindʒərəs]。

カタカナで書くと「デインジャラス」となります。スピーディに発音するとデンジャラスと聞こえますが、「デインジャラス」が正しい発音です。

発音はこちら↓



dangerousの名詞であるdanger(危険)も同じです。「デンジャー」ではなく「デインジャー」。

発音はこちら↓



aを【ei】と発音する単語


他にも日本人がよく間違えるaを【ei】と発音する単語をあげてみます。

strange(奇妙な)
発音記号は[stréɪndʒ]なので、ストレンジではなく「ストレインジ

stranger(見知らぬ人)
発音記号は[stréindʒər]なので、ストレンジャーではなく「ストレインジャー

change(変化する)
発音記号は[tʃéin(d)ʒ]なので、チェンジではなく「ェインジ

arrange(アレンジ)
発音記号は[əréindʒ]なので、アレンジではなく「レインジ

range(幅、範囲)
発音記号は[réɪndʒ]なので、レンジではなく「レインジ

angel(天使)
発音記号は[éɪndʒəl]なので、エンジェルではなく「エインジェル

apron(エプロン)
発音記号は[éɪprən]なので、エプロンではなく「エイプロン

label(ラベル、付せん)
発音記号は[léɪb(ə)l]なので、ラベルではなく「レイブル

Cambridge(イギリスの都市名)
発音記号は[kéɪmbrɪdʒ]なので、ケンブリッジではなく「ケインブリッジ


どうしてもカナカナ英語で慣れてしまっているので、意識して【ei】と発音する必要がありますね。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

スポンサーリンク

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1890-57684fba