【洋楽】The Rose(ベット・ミドラー) - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

【洋楽】The Rose(ベット・ミドラー)

Bette Midler (ベット・ミドラー)が歌う「The Rose」を紹介します。TVの感動場面などでよく流れたりする曲なので誰もがきいたことがある曲ではないでしょうか。メロディが美しく、歌詞もシンプルなので英語の勉強にもよいと思います。

スポンサーリンク

この曲は1979年に公開された同名の映画"The Rose"のテーマソングとして公開され、ゴールデングローブ賞やグラミー賞も受賞した名曲です。

私は知りませんでしたが、スタジオジブリ制作の『おもひでぽろぽろ』の主題歌にもなっています。高畑勲が日本語に訳し、都はるみが歌っています(タイトルは「愛は花、君はその種子」)。最後に動画貼り付けておきますのでご参考に。

The Rose - Bette Midler (歌詞字幕)


歌詞(上記動画より)

Some say love, it is a river,
愛は河だという人がいる

that drowns the tender reed
若くて柔らかい芽を飲み込んでしまう河だと

Some say love, it is a razor,
愛は鋭い刃物だという人がいる

that leaves your soul to bleed
魂から血を奪い去る刃物だと

Some say love, it is a hunger,
愛は飢えだという人がいる

an endless aching need
満たされることのない 渇望だと

I say love, it is a flower,
私は愛は花だと思う

and you, its only seed
そして、その大切な種はあなたなのだ

Its the heart afraid of breaking,
傷つくことを恐れている心

that never learns to dance
そんな心では楽しく踊ることができない

Its the dream afraid of waking,
目覚めることを恐れている夢

that never takes the chance
そんな夢ではチャンスをつかめない

Its the one who won't be taken,
誰も受け入れられない人

the one who can't seem to give
それでは与える喜びを知ることはない

And the soul afraid of dying,
そして、死ぬことを恐れている魂

that never learns to live
それでは生きる意味を学べない

When the night has been too lonely
夜がせつなく寂しくなったとき

and the road has been too long
そして、道があまりにも長すぎると感じたとき

And you think that love is only
また、愛は幸運で強い人間にしか

for the lucky and the strong
やってこないと思ったとき

Just remember that in the winter,
思い出してほしい、厳しい冬の

far beneath the bitter snow
深い雪の下には

Lies the seed, that with the sun's love
暖かい太陽の愛を浴びるための種があり

in the spring becomes the rose.
春には薔薇の花を咲かせるということを



以下は都はるみバージョンです。都はるみさんって感じしませんが、これはこれでよい感じです。歌詞は原曲とは変わっていますね。

愛は花、君はその種子/都はるみ

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1867-726a327f