旅の指さし会話帳 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

旅の指さし会話帳

本の整理をしていたら「旅の指さし会話帳」という本が出てきました。以前外国人の友人が日本に来た時に買ったものと思われます。

日本を旅行する外国人向けの本なのですが、英語学習中の日本人が読んでも勉強になりそうなので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

外国語ができなくても「指をさすだけで簡単にメッセージを伝えられる」というコンセプトで日本語と英語のバイリンガル構成です。英語学習本ではありませんが、英語初級者には読み物としても勉強になると思います。

基本はこんな感じでイラストの説明として英語と日本語が書かれています。
指さし会話帳3


各ページの下には、そのページの内容に関連した1~2行のコラム的なものが書かれており、英語学習者が読むのによい感じです。
指さし会話帳1

一例を紹介すると、

・P12(街歩き)より引用
Taking a taxi in Japan can be interesting. Drivers don't usually speak foreign languages, but they don't expect tips either and give out free "pocket tissues." (日本のタクシーはチップを取らず、逆にティッシュをくれたりする。)

・P54(日本食)より引用
Eels may remind you of snakes, but in Japan they are considered a delicacy that gives you an energy boost during the hot, humid summer. (外国人は姿がヘビのようだとして敬遠するウナギだが、日本では夏のスタミナ食である)



第2部は「日本人を理解するためのヒント」が書かれています。結構面白く書かれているので読みやすいです。

第2部は英語と日本語のみでイラストはありません。
指さし会話帳4

一部抜粋すると、こんな感じです。

★appearance' sake 見栄
A lot of Japanese will do anything for "mi'e." In a culture where silence is "golden," appearance speaks much louder than words. Japanese people's "mi'e" is usually reflected in the clothes they wear and the cars they drive. Some even skimp on food so they will have enough money for "mi'e" needs.

大変な思いをしてまで見栄をはる日本人は多い。「沈黙が金」とされる文化であるが故に、言葉よりもみかけが重要になりがちだからだ。日本人がどれだけ見栄を張っているかは、その人の洋服と車に反映されがちだ。中には見栄を張るための予算を捻出するべく、食費を切り詰める人もいるほどだ。



外国人に日本のことを説明したり、コミュニケーションをとったりするときに便利な本です。
旅の指さし会話帳〈21〉JAPAN (ここ以外のどこかへ!)
榎本 年弥
情報センター出版局
売り上げランキング: 16,276

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1841-322a2cd0