「お酒に強い」を英語で言うと? - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

「お酒に強い」を英語で言うと?

私は英語のレッスンで「彼はお酒に強い」を『He is strong to alcohol』と言ってしまい、先生に指摘されたことがあります。日本語の直訳で『強い⇒storong』、『弱い⇒weak』は、人がお酒に強い(弱い)を表現するときには適切ではなかったのです。これは日本人にとても多い間違いだそうです。

「お酒に強い」や「お酒に弱い」を英語でなんて言うかわかりますか?

スポンサーリンク

(人が)お酒に強い/弱いを英語で言うと?


「彼はお酒に強い」を自然な英語で言うと、He can drink a lot. となります。

『彼はたくさんお酒をたくさん飲むことができる』と言えばよいわけです。お酒をたくさん飲むことができるというのは、たくさん飲んでも酔っぱらわない(=アルコール耐性がある)という意味です。

『お酒に弱い(お酒を飲むとすぐに酔ってしまう)』はこれを否定文にして、He can't drink a lot. となります。「He gets drunk easily.(彼はすぐ酔ってしまう=お酒に弱い。)」とも言える。

※canをつけずにdrink a lotとすると『たくさん飲む』という意味になり、『お酒が強い(=アルコール耐性がある)』とはちょっと違う意味になります。

・主語 + can drink a lot.  (人が)お酒に強い
・主語 + can't drink a lot.  (人が)お酒に強い


★他の表現
「お酒が強い=アルコール耐性がある」なので、『耐性=tolerance』を使って表現することもできます。

(例文)
・I have a high alcohol tolerance. 私はお酒に強い。
・I have a low alcohol tolerance. 私はお酒に弱い。
・He has a high tolerance for alcohol. 彼は酒に強いです。

お酒の強さを英語で言うと?


「私はお酒に強い」など人のお酒の強さではなく、お酒自体が強い(アルコールがたくさん入っている)という場合には、strongが使えます。逆にお酒が弱い(アルコールがあまり入っていない)はweakとなります。

(例文)
・This whisky is too strong. このウィスキーはとても強い。
・This drink is too weak.  このお酒はかなり弱い(薄めすぎ)。

こちらは日本語の直訳と同じなので間違える心配はなさそうです。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1838-3006c251