中学の英語教科書を馬鹿にしてはいけません! - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

中学の英語教科書を馬鹿にしてはいけません!

「日本の英語教育はダメ」、「教科書は効果ない」、「受験英語は全く役に立たない」などと言う人がいますが、決してそんなことはないと思います。むしろ日本の英語教育はかなり優れていると思います。とくに、英語の教科書はよくできていると思います。

中学の教科書をきちんとやっていれば基本的な文法をマスターできるのはもちろん、教科書から歴史問題や社会問題なども学ぶことができるのです。「教科書の内容」はよく考えられていてとても優れているのです!

スポンサーリンク

私は中学生のときの英語の成績は上位のほうでした。別に自慢しているわけではなくて、中学生、高校生のときにきちんと学校の勉強をしていたから、大人になって英語再学習をはじめたときに文法では苦労しなかったという話です。

なので、学校の英語教育は馬鹿にできませんよー、ってことです。

それに、中学生、高校生のときに習ったことっていまだによく覚えているんですよね。私は今でもリンカーン大統領やキング牧師の有名な演説を中学の教科書で習ったことを覚えています。リンカーンやキング牧師は社会科でも習いますが、具体的な演説の内容までは社会科では習わないので、英語の授業で習ったことのほうが印象に残っています。

教科書は、英語だけでなくて、黒人解放運動などアメリカ社会の背景などについても学べるようによく考えられているのです。その他にも戦争、貧困、マザーテレサなど知っておくべき様々な有益なテーマが使われています。もちろん昔のことばかりではなく、最近では日本のアニメのことや盲目のピアニスト辻井信行さんのストーリーなども取り上げられています。また、道案内や入国審査での会話表現など身に周りの英会話などもきちんと載っています。教科書って本当に素晴らしいのです!

多くの公立中学で使用されている教科書「三省堂のニュークラウン」の一部を紹介します。

ニュークラウン

引用元:
三省堂『NEW CROWN』テスト問題例 <Book 3>LESSON 6 / We’re Talking 6


訳せましたか?

これは中3の教科書なので、もしこれが十分に訳せないようであれば、TOEICなどの勉強をする前にまずは中学生の英文法をきちんと学習したほうがよいと思います。参考書などは文末に記載しました。

◆ ◇ ◆

(日本語訳)
1955年のある日の午後、アラバマの黒人女性が仕事から帰宅するところでした。彼女はバスの座席に座りました。途中で運転手が「白人男性に席を譲りなさい。」と言いました。彼女がそれを断ったとき、運転手は警察を呼びました。「そこに座っている女性を逮捕しろ。彼女は法律を破っている。」 警察は彼女を逮捕しました。このローザ・パークスさんによる小さな出来事から巨大な運動が始まりました。

キング牧師はパークスさんのことについて耳にしました。「我々黒人にはできないたくさんのことがある。もうこれ以上我慢することはできない。パークスさんを応援しましょう。どんなバスのどんな席にでも、誰でも座れる権利のために戦いましょう。」

それで、その町の黒人たちはバスに乗るのを止めました。仕事や学校へ歩いて行く人もいれば、車を使う人もいました。彼らは、何人かの白人からも支持を得ました。そのボイコットは1年以上もの間続きました。ついに、黒人たちはどこにでも座る権利を勝ち取りました。

ほぼ50年後に、バラク・オバマがアメリカ合衆国の44代大統領、そして最初のアフリカ系アメリカ人の大統領になりました。これをもって、キング牧師とパークスさんの夢の一部が実現しました。夢とは「すべての人にとっての自由と平等」です。

◆ ◇ ◆
教科書にはキング牧師の有名な演説「I Have a Dream(私には夢がある)」についても掲載されています。私は中学生の時に英語でこれを習ってとても感動したのをいまだに覚えています。「日本の英語教育はダメ」なんてこと全くないと思います!

★演説「I Have a Dream」の一部:
"I have a dream that one day on the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slave-owners will be able to sit down together at a table of brotherhood."

「私には夢があります。いつの日にか、かつての奴隷の子供たちと、かつての奴隷を使っていた人の子供たちが、兄弟愛というテーブルに一緒に座れるようになるという夢が」

"I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character."

「私には夢があります。いつの日にかこの国が、私の4人の子どもたちが、肌の色でではなく、その人となりで評価されるようになるという夢が」


大人になってからリスニングの勉強でキング牧師のこのスピーチを聴く人も多いと思いますが、すでに中学生で習っているのです。中学生の教科書って内容がとても充実していてすごいのです!

「中学の教科書なんて・・・・」と馬鹿にしないでください。中学の教科書は、知識の宝庫と言ってもいいくらい、英語学習にとって重要な知識が詰まっています。中学英語が不安と思っている人は、中学の教科書からやり直すというのもよいのではないかと思います。

大人になって英会話を習う場合でも、中学3年間の英文法や単語の知識があるとないとでは理解度が随分と変わってくると思います。留学ともなればなおさらです。私は少しだけイギリスの語学学校に通った経験がありますが、中学レベルの文法を理解していないで留学したら、はっきり言って時間とお金の無駄です。基礎をきちんと日本でやってから留学するほうが何倍も効果的です!

例えば、現在完了形を留学先の授業で英語で理解するのって相当難しいと思います。現在完了は英語でpresent perfectと言いますが、そもそもpresent perfectが何なのかが理解できないのではないでしょうか。日本人にとっては絶対に日本語で書かれた文法書で勉強したほうが効率的でわかりやすいです。なんでもかんでも留学すればよいってものではありませんよ!


★中学の教科書
教科書が販売されている書店で購入することが可能です。公立中学で使われる主な教科書にはニュークラウン、ニューホライズン、トータルイングリッシュなどがあります。ニュークラウンが少し難しめで、トータルイングリッシュがやや易しめといった印象です。

教科書の解説付きの「教科書ガイド」は手軽に購入できます。


★中学の問題集
学習教材はいろいろとあるので、自分に合ったものを選べばよいと思います。私がオススメする中学生の問題集は受験研究社から出版されている「標準問題集」です。親戚の中学生に英語を教えていたときに本屋でいろいろな問題集を見比べた結果、これが問題、説明ともにいい感じでした。

中3英語3ステップ式標準問題集

増進堂・受験研究社
売り上げランキング: 77,342

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1786-a389c582