アンジェリーナ・ジョリーがイラクの難民キャンプを訪問 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

アンジェリーナ・ジョリーがイラクの難民キャンプを訪問

UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)が、現地時間の25日、イラク北部のクルド人難民キャンプを視察した。

視察後のスピーチで、「あまりにも多くの、罪のない人々がシリアでの紛争と過激派の拡大による犠牲になっています。 湯川遥菜さんとそのご家族には心よりお悔やみ申し上げます。」とイスラム過激派組織(ISIS)によって拘束された湯川遥菜さんについても言及し哀悼の意を述べた。

スポンサーリンク

アンジェリーナが難民キャンプを訪れたときのビデオ(国連制作)


1:09からのアンジ―のスピーチ部分の英文と和訳です

I have seen families with young children living without tents, with another 2 months of winter to go. Children whose parents were murdered and are now here unaccompanied – a 19 year old working as the sole provider for his 7 siblings.

I have met mothers whose children have been kidnapped by ISIS. As a parent, I cannnot imagine a greater horror. And they are overwhelmed by the thoughts of what is happening to their children right now.

冬はあと2か月も続くのに、テントなしで暮らしている幼い子供連れの家族に会いました。子供たちは両親を殺されて身寄りがありません。19歳の兄が7人兄弟姉妹を養うために1人で稼ぎに出ています。

子どもたちをISISに誘拐された母親たちにも会いました。親として、これ以上の恐怖は想像することができません。母親たちは今子供たちに何が起こっているかを思うと、いたたまれない気持ちです。



難民キャンプ訪問後のスピーチ
■Angelina Jolie Visits Refugees in Iraq

"we are here to appeal for more assistance for all of the people here, especially the most vulnerable and victims of abuse. There's not enough. I will certainly do what I can personally but there's not enough. You know, this is a giant international crisis and it needs giant international aid and attention."

"We urgently need to find a way to find a path to adjust a sustainable peace in Syria. It is past time for the leaders on all sides to find a common ground and a way to move forward. It is not enough to defend our values at home. We have to defend them here in the camps, in the informal settlements across the Middle East and in the ruined towns of Iraq and Syria. We are being tested here as an international community and, so far, for all the immense efforts and good intentions, the international community is failing."

"The people I met today need to know that we will be with them, giving them the support they need to survive for every day that they remain displaced and above all they need to know that one day, they will be able to go home and that there will be an end to this suffering."
(引用元:http://usa.news.net/




<雑記>
これまでもアンジ―のこのような活動を何度も紹介してきました。彼女が監督した映画の影響もあると思いますが、「反日」「偽善者」「勘違い野郎」などと言う人もいます。現に、このような記事を書くたびにブログのコメントにアンジ―批判がきます。私は個人的にアンジ―の国連特使としての活動は素晴らしいと思っていますし、売名行為だけでやっているとは思っていません。例え売名行為だとしても、これだけ長期間にわたって多額の寄付や実際に現地に行って行動するというのはなかなか真似できることではないと思います。批判的なコメントがあるのは承知していますので、そのようなコメントはどうぞお控えください。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1754-98e75e12