「I don’t really like~」と「I really don’t like~」の違い - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

「I don’t really like~」と「I really don’t like~」の違い

否定文では「really」を入れる位置で随分と意味が変わってきます。以下二つの違いが分かりますか?
・I don’t really like sushi.
・I really don’t like sushi.

スポンサーリンク

◆I don’t really like~
・I don’t really like sushi.
寿司がとても好きだ」をdon’tで否定しているので、「寿司がとても好きだということはない⇒寿司がそれほど好きではない」となります。


◆I really don’t like~
・I really don’t like sushi.
寿司が好きではない」をreally(本当に)で強調しているので、「本当に寿司が好きではない⇒寿司が大嫌い」となります。

学校の英文法では「全体否定」と「部分否定」で習う分野ですね。

以上より、
・I don’t really like sushi.
⇒私はあまり寿司が好きではありません

・I really don’t like sushi.
⇒私は本当に寿司が好きではありません(寿司が大嫌いです)


◆alwaysなどでも同じ
この「not really」と「really not」の関係は「not always」と「always not」でも同じです。

(例文)
・I always don't wake up at seven.
⇒私はいつも7時には起きません。

・I don't always wake up at seven.
⇒私はいつも7時に起きるというわけではありません

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1739-eac03f97