間違いやすい「カタカナ英語」の発音 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

間違いやすい「カタカナ英語」の発音

カタカナ英語は日本語と同じ発音で通じる単語も多いですが、日本語の発音では通じないものもあります。日本人が発音を間違えやすいカタカナ英語をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

正確な発音は、辞書サイトなどの音声でご確認ください。以下の2サイトが使いやすいです。
・「Dictionary.com」⇒http://dictionary.reference.com/
・「Weblio辞書」⇒http://ejje.weblio.jp/

iron【áiərn】


「鉄、アイロン」と言う意味のiron。「アイロン」ではなく、「アイアン」に近い発音です。


loose【lúːs】


「ゆるい」という意味のloose。日本語では「ルーズ・ソックス」や「時間にルーズだ」など『ルーズ』といいますが、英語では『ルース』と発音します。


post【póust】


「郵便、投かんする」の意味のpost。『ポスト』ではなく『ポウスト』と発音します。また、日本語では郵便ポストをポストと言いますが、英語で郵便ポストは「mailbox」です。

参考:過去記事「英語の発音「オー」と「オウ」の区別は意外と重要


glove【glʌ́v】


「手袋、グローブ」という意味のglove。『グローブ』ではなく『グラヴ』と発音します。『グローブ』と発音するとglobe(地球)の発音に近くなってしまいます。


oven【ʌ́vn】


日本語では『オーブン』と言いますが、英語では『アヴン』。電子レンジはmicrowave oven(マイクロウェイヴ・アヴン)。


apron【éiprən】


『エプロン』より『エイプロン』に近い発音。


angel 【éin(d)ʒəl】


「天使」という意味のangel。日本語では「エンジェル」ですが、apron同様に「a」を「エイ」と発音して『エインジェル』に近い発音になります。


label【léibl】


書類などに貼る「ラベル」は英語では『レイブル』。apronやangel同様に「a」を「エイ」と発音します。


virus【váiərəs】


日本語では『ウイルス』ですが、英語では『ヴァイァラス』と発音します。『ウイルス』では通じない可能性が高いので注意!


alcohol【ǽlkəhɔ̀(ː)l】


『アルコール』ではなく、『アルコホール』と発音します。


allergy【ǽlərdʒi】


『アレルギー』ではなく、『アラジー』と発音します。


energy【énərdʒi】


『エネルギー』ではなく、『エナジー』と発音します。最近ではエナジードリンクなどカタカナでもエナジーということが多くなっています。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-12-17 15:53 | from -

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1732-492d7a14