マドンナ、SNSに差別用語。大炎上で謝罪。 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

マドンナ、SNSに差別用語。大炎上で謝罪。

マドンナが写真共有サービス「インスタグラム」に投稿した長男の写真の説明文に人種差別的な用語が含まれていたことから、マドンナはインスタグラムにて猛批判を浴びることとなり、かつてない勢いで“大炎上”。マドンナは大慌てで釈明・謝罪した。
image_201401202016316df.jpg

スポンサーリンク

問題となった投稿は、元夫ガイ・リッチー監督との長男ロッコ君(13)がボクシングの練習でトレーナーのミットにパンチを打ち込むシーンのアップ写真。

こちらがキャプチャ画像↓
m1.jpg

m2.jpg

写真自体には何ら問題はなかったが、写真説明として付加した以下の文言が問題となった。

「No one messes with Dirty Soap! Mama said knock you out! #disnigga」

(俺にちょっかい出すな!ママがおまえをノックアウトしろって言ってるんだ!#disnigga)



最後の「#disnigga」が問題で、一般に「nigga」は、白人が使用する場合は黒人を侮辱する強烈な差別用語として米社会では認識されている。これを見たファンの多くが激怒しマドンナを猛バッシングしたため、マドンナはその写真を削除し、以下のような声明を同サイトにて公開し騒動の鎮静化を図っている。


'I am sorry if I offended anyone with my use of the N-word on Instagram,'

'It was not meant as a racial slur. I am not a racist. There's no way to defend the use of the word. It was all about intention.

'It was used as a term of endearment toward my son who is white. I appreciate that it's a provocative word and I apologize if it gave people the wrong impression. Forgive me.'

私がInstagramでNワードを使ったことで誰かを怒らせてしまったなら謝ります。

あれは人種差別的な中傷の意味ではありません。私は人種差別主義者ではありません。あの言葉を使ったことについては弁明のしようがありません。

あの語は、白人の息子に対する愛情表現の言葉として使ったのですが、挑発的でした。もし皆様に悪い印象を与えてしまったのなら謝罪します。私を許してください。



<単語>
・racial slur 人種的中傷、人種的侮蔑
・racist 人種差別主義者
・endearment 愛情表現

■動画:Madonna Apologizes For Racial Slur On Instagram


niggerをWikipedeaで調べると以下のように記載されています

ニガー(英語: nigger)は、主に英語圏において、一般に黒人を指す蔑称として用いられるスラングの一つである。和訳は黒んぼ、黒奴など。

少なくともアメリカ合衆国においては、アフリカ系アメリカ人を指して使うところのまさしく差別用語と見做されることから、今日ではこれの暗喩である"N-Word"という婉曲的表現が用いられることもしばしばである。

アメリカ合衆国では、公民権運動が活発化する1960年代までには白人および黒人の両者において自由に用いられていた単語であったが、今日では単語それ自体が強烈な社会的タブーとして扱われている。例えば多くの新聞や雑誌が、単語としてniggerを扱う場合、そのまま印刷することがなく、n*gg*r、n**ger、n——というように6字中の幾字かを欠落させるか、またはthe N-wordという表現で代替するほどである。

2007年2月28日、ニューヨーク市にてニガーという言葉の使用を禁止する条例が制定された。



マドンナが人種差別主義者だとは思いませんが、あまりにも軽率な行為にがっかりです。マドンナにはもっとよいニュースで話題になってほしいものです。


■マドンナが息子ロッコ君と一緒にTV出演したときの動画
ロッコ君が登場したのは番組内の人気コーナー「ダンク・タンク」。的にボールを命中させると、透明タンクの中に座らされたゲストの頭上から大量の水が投下されるというゲームで、成功すると乳癌の研究費が施設に寄付される。


参考元サイト:
http://www.dailymail.co.uk/
http://japan.techinsight.jp/

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1586-3768d693