ネルソン・マンデラ元大統領追悼式の手話通訳者が偽物だった! - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

ネルソン・マンデラ元大統領追悼式の手話通訳者が偽物だった!

南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典が10日行われた。日本からは皇太子さまが出席されたほか、アメリカから歴代4人の大統領が出席するなど世界の国々や国際機関から首脳級およそ100人が出席した。

そこで手話通訳をしていた男が「ニセモノ」であるという驚きの事実が明らかに。オバマ大統領をはじめとする世界の首脳の横で手話通訳をしているように見えたが、ただ手を動かしているだけで何も訳していなかった。

スポンサーリンク

一番右にいる男がニセ手話通訳者。手話には何の意味もないことが判明。
evs-xtaccess-11-dec-2013-111-a-01h01m05s03-1-522x293.jpg

オバマ大統領の間近でニセ通訳していた。世界首脳へのセキュリティを心配する声も。
evs-xtaccess-11-dec-2013-111-a-00h00m04s04-1-522x293.jpg


■Mandela ceremony interpreter called a 'fake'(引用元:mainichi.jp

A man who appeared to provide sign language interpretation on stage for Nelson Mandela's memorial service, attended by scores of heads of state, was a "fake," the national director of the Deaf Federation of South Africa said on Tuesday.

たくさんの首脳が参加したネルソン・マンデラ元大統領の追悼式典で手話通訳をしているようみえた男性は「偽者」であった、と南アフリカ聴覚障害者連盟の責任者が語った。


・sign language interpretation 手話通訳

南アフリカの手話は11か国の公式言語をカバーするものだが、ニセの男がしていた手話は腕と手の動きに何の構造もないことから、どこの国も手話でもないことがわかった。


問題の人物が映っている映像がこちら

ニセモノと言われると確かにおかしな手話にみえますが、言われないと気づかないです。


■Interpreter At Nelson Mandela Memorial Called A Fake


The sign language interpreter seen at the memorial service for Nelson Mandela Tuesday is being called a fake.

"The national director of the Deaf Federation of South Africa says the man you see wasn't signing in South African or American sign language." (Via WBFF)

The unidentified man who stood next to the likes of President Barack Obama and other world leaders as they mourned the loss of the former South African president was seen on broadcasts around the world. (Via BBC)

But it wasn't until accusations like this one from Wilma Newhoudt, a deaf member of South Africa's parliament, (Via Twitter / @newhoudt)

and this one from Bruno Druchen, the national director of the Deaf Federation of South Africa himself, began surfacing on Twitter that people became suspicious of the so-called interpreter. (Via Twitter / @BrunoDruchen)

Australian outlet SBS World News was among the first media outlets to raise the question. Braam Jordaan, a deaf South African and board member for the World Deaf Federation, told the news site:

"I was really upset and humiliated. He made up his own signs. What happened at the memorial service is [a] truly disgraceful thing to see — it should not happen at all. What happened today will be forever aligned with Nelson Mandela [and the] Deaf Community, thanks to this fake interpreter." (Via SBS World News)

South Africa's government says it's preparing to give a statement on the accusations. But it's unclear how the alleged imposter got on stage in the first place or why he was allowed to stay for the entire service.

Still multiple sign language experts who saw the broadcast agree — the man wasn't signing anything at all. As one expert put it, he was just "flapping his arms around." (Via New York Daily News)

And even more fishy — several sign language experts have reportedly tried to identify the interpreter with accredited interpreter organizations but haven't been able to do so.


Update
■「統合失調症」と釈明 マンデラ氏追悼式の手話、「でたらめ」との批判受け
(MSN産経ニュース 2013.12.12 21:49)

 マンデラ元南アフリカ大統領の10日の公式追悼式での手話通訳が「でたらめだった」と批判が出ている問題で、通訳をした男性(34)は12日までに、自分は統合失調症の持病があり、式典の最中に幻覚や幻聴の症状が出たためだと釈明した。地元メディアなどとのインタビューで答えた。

 報道によると、男性は統合失調症の薬を服用中で、式典の途中に突然、頭の中に声が聞こえ、幻覚も見えて集中力を失い「どうすることもできなかった。大変申し訳ない」と語った。オバマ米大統領ら要人の演説が続く中、壇上から離れることができなかったという。

 男性は、手話通訳を派遣する会社に勤務。「自分は一流の手話通訳だ」と述べ、「偽物」との指摘を否定した。

Update2!
■偽物」手話通訳、南ア政府謝罪…学歴も偽りか
(読売新聞 12月14日(土)11時25分配信)

 南アフリカのマンデラ元大統領の追悼式で、手話通訳が「偽物」と非難された問題で、南ア政府は13日、「聴覚障害者や南ア国民を傷つけたことを謝罪する」との声明を発表した。

 地元紙「スター」(電子版)は、通訳をした男性が英国の大学で手話通訳を学び、通訳の派遣会社に所属していると主張していることに対し、いずれも「虚偽」だった可能性が高いと報じた。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1557-d2b41b53