デーモン閣下 流ちょうな英語披露、実は帰国子女 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

デーモン閣下 流ちょうな英語披露、実は帰国子女

デーモン閣下が6日、NHKの国際放送「NHKワールドTV」のPRスポット番組を撮影し、流ちょうな英語を披露したそうです。撮影した番組は今月中に総合テレビなどで流れる予定。

以前にデーモン閣下が英語を話しているのをTVでみたことがありますが、帰国子女だったとは知りませんでした。

スポンサーリンク

閣下は「我が輩は10万4歳から10万7歳まで、ニューヨークで暮らしていて、現地の幼稚園に行っていたから子供の会話レベルは問題ないけど、そんなに得意じゃないよ」と謙遜していた。人間の年齢では4歳から7歳までの3年間NYに在住していたということですね。

Wikipediaには以下のように記載されています。

父は銀行員、帰国子女であり幼少時は日本語よりも英語のほうが上手かった。2007年12月22日にNHKワールドTVで放送された『WHAT'S ON JAPAN』で大相撲の1年を振り返るインタビューを英語、副音声日本語の吹き替え部分両方を自らコメントしていた。

取材でアメリカ在住時に通っていた小学校に悪魔の姿で訪問した際、訝しく思った校長に「君、college(専門学校や大学などの高等教育)くらいは行っているよね?」と聞かれ、「University(総合大学)を卒業してますよ」と答えた途端、校長は生徒に向って「彼はこんな格好をしているが、ちゃんと勉強して大学に行っているんだ」と言った。



デーモン閣下が英語を話している動画↓

■The Demon Kakka's English program "J-MELO"


■デーモンかっかの英語教室1


■デーモンかっかの英語教室2


スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1551-633fa937