英語教育の早期化問題について考える!? - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

英語教育の早期化問題について考える!?

11/27放送の『カスペ!なかよしテレビSP』で英語教育の早期化問題について取り上げていました。日本人の英語力、英語教育に力を入れている学校の紹介、有名人がイケメン男性に話しかけられるドッキリ実験など...英語学習者には興味深い(!?)内容でしたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

まず、日本人の英語力はどのくらいなのか?

日本のTOEFL 世界ランキングで日本は163か国中135位先進国の中ではダントツの最下位で、特にスピーキング力では世界最下位である。
1_20121128005303.jpg


さらに、英語ができる・できないだけですでに年収200万円以上の差があるという。
2_20121128005302.jpg


英語早期化教育で今話題なのが福岡県の「リンデンホールスクール

リンデンホールスクールでは、
①小学1年生から英語の授業を行なっている。
②授業中日本語は使用禁止
③英語で積極的に発言
④算数、理科などの英語以外の授業も英語で行う
⑤英語で学ぶことで自然と身に付く

「英語教育の早期化について」英語で語る少年。顔つきからしてなにか違います。
3_20121128005301.jpg


続いては、英語教育で有名な大学の紹介。

授業をすべて英語で行い、大企業の間で卒業生の奪い合いがおこっている話題の大学があるという。

それが秋田県の国際教養大学!!

就職氷河期にもかかわらずここの卒業生は5年連続で就職率100パーセント。しかも就職先は一流企業ばかり。

満足げに語る学長
4_20121128005300.jpg


以上のように英語ができると就職にも有利で人生が楽しいはず、、、

ということで、英語を話せる勝間和代さんと英語を話せない大久保佳代子さんにドッキリを仕掛けて実験!!

ちなみに勝間さんの英語については以前の記事を参考にしてください
勝間和代さんの英語

(ドッキリが本当なのかヤラセなのかはわかりませんが、面白い仕上がりになっています。)

内容は「喫茶店でイケメン外国人に英語で話しけられたらどんなリアクションをとるのか?

   ↓
   ↓
 (結果)

<勝間さん>

イケメン外国人に話しかけられても全く抵抗なく受け答えする。「テレビで見るよりキレイですね~」とか言われた勝間さんは上機嫌になりダイエット話などをして会話が盛り上がる。

イケメン男性にメロメロ。ヤラセだとしたらかなりの演技派。
5_20121128005259.jpg

(結論)英語が話せると、イケメンとの出会いも広がる


<大久保さん>

イケメン外国人に話しかけられると携帯を見てごまかしたり、「君ってかわいくないよね」と英語で言われているにもかかわらず「YES」と答えたり、しまいには電話がかかってきたふりをして逃げ去ってしまう。

6_20121128005258.jpg

(結論)英語が話せないと、イケメンとの出会いも逃す


と、英語が必要なことはわかったが、英語の早期教育化には反対意見もある。

アポロ11号月面着陸を同時通訳した英語教育の第一人者である鳥飼玖美子さんも早期教育反対者のひとり。

鳥飼さんいわく、「小学校から英語をやったら中学から始めた子と差が出るのかというと、あんまり出ていない。科学的には証明されていない」

7.jpg

その後、英語教育早期化に賛成か反対か、スタジオの出演者らで議論をしていましたが、もちろん議論したところで結論のでる話ではありません...。


鳥飼玖美子さんが考える英語教育のあり方については以前にこのブログでも紹介しました。とても素晴らしい見解だと思います。
これからの英語(鳥飼玖美子)

こちらの動画もおすすめです。1.5時間と少し長いですが見る価値あります。
 ↓
 ↓
■英語公用語 ひろゆき 鳥飼玖美子



かなり好評価を得ている鳥飼さんの著書です

「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)
鳥飼 玖美子
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 42436


危うし!小学校英語 (文春新書)
鳥飼 玖美子
文藝春秋
売り上げランキング: 169075



<雑記>
個人的な意見としては、小学生はまずはきちんとした日本語を習得することが大事で、英語は将来ツールとして使えればよいのではないかと思います。だから早期化は必須ではないように感じます。日本人の英語力をあげる手段は早期教育以外にももっとあると思います。

私が中学生だった20年以上前に比べると今の学校の英語教育ははるかにスピーキング重視になっており、私たちの時代の学生に比べると今の学生は学校教育によって英語を話せるようになってきていると思います。ただ、スピーキングに力を入れ過ぎて、リーディングや文法の能力が落ちているというのは残念なことです。しかもスピーキングだってものすごく水準が高いわけではなく、昔の学生に比べればよくなったというレベルだと思います。

私は学生時代は全く英会話ができませんでしたが、文法や読解力はきちんと勉強してきました。そのおかげで英語の基礎能力は身についており、社会人になって英語再学習を始めたときにも文法で困ったことはありません。そう考えるとスピーキングは別として、昔ながらの日本の英語教育はそれなりに優れたものだと思います。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

No title

初めまして。
先月海外に行って初めて英語の必要性を感じ、
今勉強がんばりはじめた者です。
英語字幕つきの動画を掲載されており凄く助かってます!
TOIECの記事も面白く見させてもらってます。
そこで
今度初めて受けようと思うのですが、
今までやった中でお勧めの参考書や勉強法などありましたら
お聞きできるとうれしいです!^^

2012-11-29 19:27 | from e.n

e.n さん

コメントありがとうございます。
海外に行くと英語の必要性を感じますよね。私も海外旅行は大好きでこれまでにたくさんの国に行きました。ある程度英語ができるようになってからは現地の英語ツアーなどにも気軽に参加できるので旅行の幅がより広がりました。

TOEICに関しては、最近は勉強する気が起きなくてもう何年間も受けていませんが、以前はそれないにやっていたので過去の記事が参考になれば幸いです。継続して頑張ればそれなりの結果がでる試験だと思いますので頑張ってください。

お勧めの参考書は、このブログの左バナー「お勧めの英語学習書籍」を参考にしてください。

文法書では「総合英語Forest」がオススメですが、すでにある程度の文法力があるなら書籍がなくてもインターネット等で調べれるだけもよいと思います。

TOEICの参考書で私がやったなかでは「新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ」がオススメです。

勉強法については、あまり難易度にこだわるよりも、自分が苦痛にならず続けられる方法をみつけるのがよいと思います。もし何から手をつけてよいかわからないようでしたらNHKの語学番組(テレビ、ラジオ)をオススメします。

英語ができると人生がより楽しく豊かになりますよ。是非がんばってください!!

2012-12-01 23:56 | from キョン5

興味深い記事をありがとうございます!

僕も早期英語教育には疑問を感じていたので、紹介されている本は、読んでみたいです。

いまだにテレビを地デジ化していないので(笑)、紹介されているテレビ番組の内容も面白かったです。

ありがとうございました。

2012-12-04 03:51 | from ツウクン | Edit

ツウクン さん

ツウクンさんのブログを拝見しました。一生懸命英語学習に取り組んでいて素晴らしいと思います。TOEIC900点超えおめでとうございます。私も過去には900点を目指していましたが、目標達成することなく現在に至ります。

鳥飼先生の著書は一読の価値があると思います。

2012-12-08 05:07 | from キョン5

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1401-5cf276bc