オバマ大統領が再選、勝利演説 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

オバマ大統領が再選、勝利演説

米大統領選で再選を果たしたオバマ大統領(51)は勝利演説を行い、赤字削減や税制改革、移民法改革、石油の海外依存低減に向け民主・共和党の指導部と協力すると表明した。

また、ケネディ元大統領の演説の有名な一節をまねて、米国は私たちのためにあるのではなく、つくり上げるものだと国民に呼び掛けた。

スポンサーリンク

わかりやすい部分ということでスピーチ後半を抜き出しました。

■US election: The rousing finale of Barack Obama's speech


it doesn’t matter who you are or where you come from or what you look like or where you love (ph). It doesn’t matter whether you’re black or white or Hispanic or Asian or Native American or young or old or rich or poor, abled, disabled, gay or straight. (Cheers, applause.) You can make it here in America if you’re willing to try.

I believe we can seize this future together because we are not as divided as our politics suggests. We’re not as cynical as the pundits believe. We are greater than the sum of our individual ambitions and we remain more than a collection of red states and blue states. We are, and forever will be, the United States of America. (Cheers, applause.)

And together, with your help and God’s grace, we will continue our journey forward and remind the world just why it is that we live in the greatest nation on earth. (Cheers, applause.) Thank you, America. (Cheers, applause.) God bless you. God bless these United States. (Cheers, applause.)

一生懸命働く気持ちがあるならば、何者だろうと構わない。どこから来たのでも、外見がどうだろう、どこを愛していようと構わない。黒人だろうが白人だろうが、ヒスパニックだろうがアジア系だろうがアメリカ先住民だろうが構わない。若くても年寄りでも金持ちでも貧乏でも、五体満足でも障害があっても、ゲイでもストレートでも。やる気さえあれば、ここアメリカではなんとかなる。

この未来を、みんな一緒につかめると私は信じています。この国の政治が言うほど、私たち国民は分断していないからです。評論家たちが言うほど、私たちはシニカルではないからです。私たちは、個々人の野心の総和よりもはるかに大きい。そして赤い州や青い州の寄せ集めよりも大きい。私たちはこれまでも、そして永遠に、諸州が団結したアメリカという国(the United States of America)なのです。

皆さんの助けと神の恩寵と共に、私たちは一緒になって前へ前へと旅を続けます。私たちが暮らすこの国がなぜ世界で最も偉大な国なのか、世界中に伝えながら。
ありがとう、アメリカ。神様の祝福がみなさんにありますよう。この団結した諸州(united states)を神様が祝福してくれますように。



<スクリプト引用元>
・バラク・オバマ米大統領、再選のスピーチ 全文和訳(gooニュース
・バラク・オバマ米大統領、再選のスピーチ 英文(The New York Times


今回のスピーチでオバマ大統領がまねたケネディ大統領の有名な演説とは?

■■■ケネディ大統領の演説■■■
President John F. Kennedy's Inaugural Address
(January 20, 1961)

有名なのが以下の言い回し

And so, my fellow Americans, ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

国があなたのために何が出来るのかを問うのではなく、あなたが国のために何が出来るかを問うことだ。





オバマ大統領がまねたと言われているのは以下の部分

America’s never been about what can be done for us; it’s about what can be done by us together, through the hard and frustrating but necessary work of self- government. That’s the principle we were founded on.

アメリカは、国は自分たちに何をしてくれるかという国ではありません。そういう国だったことは一度もない。協力し合って何ができるか、それがアメリカです。自治という大変な、なかなか報われない、けれども必要な努力を通じて。その理念こそ、この国の建国の精神です。



オバマ大統領勝利演説全文のビデオはこちら↓
■President Barack Obama Victory Speech 2012: Election Remarks From Chicago Illinois


【参考】オバマ大統領の4年前(2008年)の勝利宣言スピーチ

オバマ氏が大統領に 勝利宣言スピーチ

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1390-3f25c112