スティーブ・ジョブズ、ガン手術を9ヶ月先延ばしにしていたことが明らかに - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

スティーブ・ジョブズ、ガン手術を9ヶ月先延ばしにしていたことが明らかに

故スティーブ・ジョブズが、膵臓がんの手術を9ヶ月間も先延ばしにしていたことが明らかになりました。ジョブズ氏の自伝を執筆したウォルター・アイザックソン氏が米CBSのドキュメンタリー番組「60 Minutes」のインタビューで語りました。

スポンサーリンク

■Steve Jobs
CBS「60ミニッツ」は10月23日(日)に放送されますが、その予告編がこれです。


"They say: 'This is good. It's one of these very slow-growing, five percent of pancreatic of cancers that can actually be cured.' But Steve Jobs doesn't get operated on right away. He tries to treat it with diet. He goes to a spiritualist. He goes through various ways of doing it macrobiotically. And he doesn't get an operation."
アイザクソン:診断の結果、すい臓がんの5%に相当する、進行の緩やかなタイプのもので、治せる、とみんな大喜びしたのに、スティーブ・ジョブズはすぐには手術を受けないわけですね。食餌療法で治そうとしたり、スピリチュアリストに会いに行ったり、マクロバイオティックに治す方法をあれこれ試したりするばかりで手術はどうしても受けない。


"Why doesn't he get it operated on immediately?"
CBS: なぜすぐ手術を受けないんです?



"You know, I've asked him that. He said: 'I didn't want my body to be opened. I didn't want to be violated in that way.' He's regretful about it. And his wife - who's a very solid, decent person - understood it, but said: 'No, no - the body is there to serve the spirit. You should get this operated on.' And soon, everybody is telling him: 'Quit trying to treat it with all these roots and vegetables and things - just get operated on.' But he does it nine months later."
アイザクソン:それは私も訊いてみました。すると「自分の体を切開されたくないんだ。そんな風に侵害されたくはなかった」と言ってました。後悔してるようでした。ただ、奥さんはとてもしっかりした良識のある方ですから、彼の気持ちに理解を示しながらも、「ううん違うでしょ、体は魂に仕えるためにあるものよ、手術は受けなきゃだめ」って悟したんです。他のみなさんからも「果物・野菜もいいけどとにかく手術ぐらい受けてみなよ」とだいぶ説得されたみたいですね。
ですが、彼が手術を受けたのは結局9ヶ月後だったんです。


"Too late."
CBS: 遅すぎた?



"Well, one assumes it's too late - because by the time they operate on him, they notice that it has spread to the tissues around the pancreas..."
アイザクソン: 手術したときには手遅れで、既にすい臓の周りにまで転移していました。


"How could such a smart man do such a stupid thing?"
CBS: なんだってあんな頭のいい男がこんなバカなことを...?



"I think that he kind of felt that if you ignore something, if you don't want something to exist, you can have magical thinking. And it had worked for him in the past. He regretted it."
アイザクソン: う~ん...なんというか彼には、自分が何かを無視すれば、自分が何かの存在を望まなければ、呪術思考も持てると思ってた節があるんですね、それでそれまではうまく事が回ってきた...。彼はそれを後悔していました。


参考:ジョブズは早期手術で命が助かったのに拒否した。なぜ?(GIZMODO)


アイザクソン氏の書いたジョブズ公認の決定版評伝。全世界同時発売!
スティーブ・ジョブズ I
ウォルター・アイザックソン
講談社
売り上げランキング: 4


スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1315-ce43d591