世界初 両腕移植のドイツ人が会見 - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

世界初 両腕移植のドイツ人が会見

08年7月に世界で初めて両腕の移植手術を受けたドイツの男性が、回復ぶりを語った。
ドイツ人のカール・メルクさんは、農業の仕事中に事故で両腕を失った。その後、義手が体に合わずに不自由な生活を送っていたが、去年、世界初となる両腕の移植手術を受けた。手術は15時間に及んだが、無事に成功し、リハビリを受けている。

スポンサーリンク


■German arms op man enjoys scratch  BBC News


A German dairy farmer who received the world's first transplant of two complete arms has spoken about his new limbs - and the joy of scratching.

世界で初めて両腕の移植を受けたドイツ人酪農家が、新しい腕やかくことの喜びについて語った。


単語
・dairy farmer 酪農家
・transplant 移植
・limb (人、動物の)肢 <腕、脚、ひれ、翼など>


会見の映像


会見でのカールさんの発言:

"It feels pretty good, I have to say, almost like a new person. I can already do quite a lot of things, more than I expected.

I can open doors without a problem and I can also eat without assistance. I can ride a bicycle and I can scratch myself if it itches somewhere. It already works pretty well. I can wash myself and it's getting a little better every day."

かなり調子がよいです。新しい自分になった感じです。期待していた以上にたくさんのことができるようになった。

問題なくドアを開けることができ、助けを借りずに食事もできる。自転車にも乗れるし、どこかが痒ければ自分のことをかくことだってできる。(自分の頭をかいてみせる)。すでにかなりうまく機能している。自分自身を洗うことができて、毎日少しずつよくなっている。

Karl Merk



スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1126-1c37c2b2