NHK入門ビジネス英語(5月第3週) - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

NHK入門ビジネス英語(5月第3週)

オンラインで聴けるのが月曜の10時までなので慌てて聴きました。
危うく聴き逃すところでした。。

スポンサーリンク

■テーマ
Asking your trainer for help  
トレーナーに助けを求める


■番組ホームページ
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business1/


■復習

Attention what?
Attention 何ですって?


この聞き返し方は、どこがわからないのか、相手にはっきりわかるので有用。まずわからない単語を適切な疑問詞に置き換え、その単語の1つか2つ前あるいは後ろの単語までを繰り返す。



Can you help me out?
助けていただけますか


help outは、「(問題を抱えている人を)助ける、手助けする」。Can you help me out?は、どんな問題か説明したあとに使う。たとえば、
I forgot to bring my wallet. Can you help me out?
(財布を忘れてしまいました。助けていただけますか)



You've thrown in everything but the kitchen sink.
(君は何でもかんでも放り込んでいる)


・everything but the kitchen sink(台所の流し以外はすべて)は慣用句で、「ありとあらゆるもの、何でもかんでも」。たいてい悪い意味で使われるが、慎重なアプローチを促す場合にも使われる。



How do you spell "span".
spanはどうつづりますか


・単語のつづりを確認するときの聞き方



Can you explain his third point: ''attention span is inversely proportional to grade level in the company''?
彼の3つ目のポイント「アテンション・スパンは社内の職級と反比例する」とは、どういう意味か説明してもらえますか。


・focused clarification (的を絞った明確化)は、相手の話を上手にさえぎりながら、具体的な情報を得る最良の方法。お互いの時間を節約し、情報過多による誤解が起きるのをあらかじめ防ぐ。



He will judge by your results.
彼は結果で評価するでしょう


・このbyは方法や判断の基準を表す。以下は同様の使い方をした例文
I went to the airport by bus.
He will judge by how well your team works together.
He will judge by the client's feedback.



Just the facts.
事実のみを


・1950年代の刑事ドラマをきっかけに広く使われるようになった表現。この表現をビジネスに使う場合も「データに基づく客観的な情報を提供してほしい」という意図がある。

スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1089-96839db4