NHK入門ビジネス英語(1月第2週) - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

NHK入門ビジネス英語(1月第2週)

約1ヶ月遅れていますが、「NHK入門ビジネス英語」なんとか続いています。
今回のはそれほど難しくなくてちょうどよいレベルでした。

スポンサーリンク

■1月12日(月)、1月13(火)のテーマ
Managing Subordinates' Performance: Do
(部下の業績を管理する:実行)

■詳細:NHKのホームページ
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/business1/


■1月12日放送分 (UNIT77) 音声
Managing Subordinates' Performance: Do
部下の業績を管理する:実行(1)



how I should go about どのように…するのに取り組むべきか


I'd like to ask how I should go about monitoring my subordinates' performance.
部下たちの仕事の監督はどのようにしたらいいでしょうか


・how I should go about は後ろに ...ing 形の動詞を伴ってよく使われ、「どのように…するのに取り組むべきか」という意味

・monitor 監視する、監督する


a rule of thumb 経験則


The first rule of thumb is to be objective.
経験から言えることは、まず客観的であることだね



・a rule of thumb(経験則)は、「as a rule of thumb(目分量では、概算として)」という表現でもよく使われる。長さを測るときにthumb(親指)を定規の代わりに使ったことから来たと言われる。

- As a rule of thumb, you may want to take a break every hour and a half when you conduct training.
(経験的に言って、研修を行うときは1時間半ごとに休憩を取ったほうがいいでしょう)

・objective=客観的な、subjective=主観的な


grounds for ~の理由、原因


That's grounds for a lawsuit.
それは訴訟の種だ。



・通例複数形のgroundsが用いられる

- There is no grounds for a doubt.
 (疑う根拠はどこにもない)


there その点で


Be careful there.
その点では気をつけたほうがいい



・thereは文頭、文末で「その点は」という意味

- I don't agree with you there.
(その点では君に同意しない)


■1月13日放送分 (UNIT78) 音声
Managing Subordinates' Performance: Do
部下の業績を管理する:実行(2)




learn the ropes (仕事などの)やり方を覚える


It took a while to learn the ropes.
やり方を覚えるのに少してこずった



・the ropesには「(仕事などの)やり方」という意味がある。ここでのropesは、船乗りとして必ず覚えなければならないロープの結び方のこと。組織などの既存のやり方や手続きのこと。

・learn the ropes(コツを覚える)、know the ropes(やり方を知っている) のように使われる

- I know the ropes now and feel I'm working more efficiently than three months ago.
 (今はやり方がわかるので、3ヶ月前より効率よく作業していると思います)


in the dark わからずに


I'm still in the dark about some of our internal systems.
うちの社内システムがまだいくつかわからないところがあります



・be in the dark about... ...のことがわかっていない、無知である

- Michael is still in the dark about how decision making works in our headquarters in Japan.
(マイケルは、日本の本社での意思決定がどうなっているのかまだわかっていない)


ratchet up 徐々に上げる、一段階上げる


I would like to ask you to ratchet up your timeliness.
締め切り厳守を一段階向上させてもらいたいのです



・timeliness 適時性、瞬時性


feel one's way (慣れないことを)注意して行う、手探りで進む


I was still feeling my way along.
まだおっかなびっくりやっていた



・feel one's wayは手探りで道を探ることから、比喩的に「(不慣れな状況で)注意深く事を運ぶ」という意味

- Keith is new in the role as a bridge person, still feeling his way. 
 (キースは橋渡し役は初めてで、まだゆっくり時間をかけてやっています)



スポンサーリンク

◆こんな記事も読まれています

★クリック応援お願いします。

当ブログは「ブログランキング」に参加しています。以下のリンクをクリックしていただくと当ブログにポイントがつくしくみになっていますので、当ブログを応援していただける方は是非クリックをお願いします(1日1回有効)。
みんなの英会話奮闘記
にほんブログ村 英語ブログ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1031-5ad8a7f7