ヒラリー・クリントン国務長官 初登庁スピーチ - ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

ヒラリー・クリントン国務長官 初登庁スピーチ

オバマ米政権の外交の「顔」となる国務長官に就任したヒラリー・クリントン氏は22日、国務省に初登庁し、外交による米国の国益追求を目指す考えを表明した。

ヒラリー氏の英語はゆっくりで、ハッキリ発音しているので、リスニングの練習におすすめです。

スポンサーリンク

Hllary Clinton's first speech at the US State Department
ヒラリー国務長官 初登庁スピーチ(50秒)

(再生中に右下ボタンの「Turn off Annotations」を押すと字幕が非表示となります)


There are three legs to the stool of American foreign policy: defense, diplomacy, and development. And we are responsible for two of the three legs.

And we will make clear, as we go forward, that diplomacy and development are essential tools in achieving the long-term objectives of the United States.

And I will do all that I can, working with you, to make it abundantly clear that robust diplomacy and effective development are the best long-term tools for securing America's future.


米国外交を支える3つの軸は、「国防・外交・開発」で、国務省は、このうち2つの軸に責任を負っています。

外交と開発がアメリカの長期的目標を達成するために必須の手段であることを前進しながら明確にしていきます。

力強い外交と効果的な開発がアメリカの将来を保証する最善の長期的手段であることを明白にするために皆さんとともに全力を尽くします。


英文引用元: U.S. Department of State

【英単語】
・diplomacy 外交
・long-term objective 長期的目標
・go forward 前進する
・abundantly (強意語として)とても、非常に(very)
・robust【ロースト】 強い、頑丈な


リーダーの英語
コスモピア
発売日:2006-01-26
おすすめ度:5.0
おすすめ度5 スピーチを通して学ぶ
おすすめ度5 リーダーの英語
おすすめ度5 名スピーチを新鮮な視点で捉えた良書
おすすめ度5 著名人の名スピーチを読者に優しく丁寧に取扱った秀作


歴史が創られた瞬間のアメリカ大統領の英語(CD付) (CD BOOK)
ベレ出版
発売日:2008-06-16
おすすめ度:4.0
おすすめ度4 高校生の教科書に載せてもいいような判りやすく親しみやすい英語、目からうろこのコラムがいい!


スポンサーリンク

よく読まれている人気の記事

関連記事

コメント
非公開コメント

英語の教材みたいなスピーチ!

頻繁にニュースなどでメディアに登場される方で、これほど英語の聞き取り教材に相応しい方はおられないですね。

多分、ノンネイティブにも通訳を必要とせず聞き取れるような表現を相当に勉強なさったのでしょうね。素晴らしいと思います。

2012-05-12 17:20 | from 堺 敏郎

トラックバック

http://kyonenglish.blog98.fc2.com/tb.php/1020-07ef9c0e