ほぼ毎日 英語学習日記 ~ 英語holic ~

表現のための実践ロイヤル英文法

表現のための実践ロイヤル英文法」という英文法の本をご紹介します。村上春樹氏が優れた本だと推奨していたこと(村上さんのところ)がきっかけでこの本を買ってみましたが、細かいニュアンスなどがわかりやすく解説されていてホントに良書だと思います。

表現のための実践ロイヤル英文法
綿貫 陽 マーク・ピーターセン
旺文社
売り上げランキング: 2,856

ネイティブには通じないカタカナ英語:コンセント

電気の差込口を意味する「コンセント」ですが、カナカナなので英語でも同じだと思いきや『和製英語』なのです。英語でconsentは「承諾、同意」という意味です。「インフォームド・コンセント(正しい情報を伝えられた上での合意)」など言いますよね。

電気の差込口のコンセントは何と言うかわかりますか?

「First name」と「Last name」 どっちが名字でどっちが名前?

First name」と「Last name」をきかれて、『どっちが名字でどっちが名前だったっけ?』と迷ってしまいませんか。普段はあまり意識することはありませんが、海外旅行の申し込み用紙に記入するときに「First name」と「Last name」がよくでてきますよね。「Surname」がでてくることもありますね。英語での姓名の表現についてはいくつかあるので知っておくと便利です。

Skype不要のオンライン英会話【NativeCamp】試してみました!

3月から新規オープンしたオンライン英会話サイト「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」を試してみました。スカイプや専用ソフトが一切不要というのがウリですが、その通りで使い勝手はものすごくよかったです。また予約なしでもその場ですぐにレッスンを開始できるという点も思った以上に便利でした。

今登録すると3月末まで無料でレッスンが受け放題というとてもお得なキャンペーンを実施していますので是非この機会にお試しください!

アメリカで夏時間(サマータイム)が開始

アメリカ本土とカナダでは、今週から夏時間がスタートしました。夏時間とは、日の出時刻が早まる時期(3月~11月)に、時計の針を1時間進め、太陽の出ている時間帯を有効に利用することを目的として、欧米を中心に導入されています。

夏時間は日本ではサマータイム(summer time)と言われていますがこれはイギリス英語で、アメリカでは「デイライト・セービング(Daylight Saving Time(DST)」と呼ばれています。太陽光(Daylight)を有効活用(Saving)する時間制度(Time)という意味です。

海外ドラマ「HELIX 黒い遺伝子」がかなり面白い!

今年1月からDlifeで放送されている海外ドラマ「HELIX 黒い遺伝子」がなかなか面白いです。私はSFには興味がないので見る予定はなかったのですが、真田広之さんがメインキャストの1人を演じているということで興味半分みてみると想像していたよりもすごく面白くてすっかりハマってしまいました。

ウィリアム王子のサムライ姿が海外で話題!

先日まで来日していた英ウィリアム王子ですが、訪日中には日英関係の強化や文化交流促進の為に日本各地を訪れました。海外メディアでは福島の被災地を訪問する様子などが紹介されるとともに、特に大きく報道されているのがNHKを訪問したときのこと。王子が兜をかぶって武士になった姿は海外でかなりウケているようです。
william-samurai.jpg

英語学習にオススメの無料バイリンガル動画

今や誰でも簡単に動画を投稿できる時代なので、ネット上にはネイティブやバイリンガルによる動画もたくさんあります。しかし、内容はピンキリです。今回は私がオススメするバイリンガルによる無料動画をご紹介します。

バイリンガル動画のメリットはなんといっても「日本語と英語の両方の感覚がわかる人」が解説してくれるということ。また、説明が日本語なので英語初心者でも簡単に理解できます。

ネイティブには通じないカタカナ英語:リフォーム(reform)

家やオフィスを改装・改築することを日本では「リフォーム」と言いますが、これは和製英語です。英語の「reform」は『(制度や組織など)を改革する、(人が)改心する』という意味になり、建物を改装したり修繕するという意味にはならないので注意が必要です。

では日本語で言うところの「リフォームする」は英語で何といえばよいのでしょうか?

「way too much」のwayの意味は?

wayは「道」や「方法、手段」という意味の名詞としてよく知られていますが、副詞として使われることもあります。海外ドラマなどをみていると結構頻繁に「way too~」という表現を耳にします。

例えば「I ate way too much!」や「It's way too hot here.」などのように使われます。このwayの意味わかりますか?

「東京マラソン」を英語で説明

今日は「東京マラソン(Tokyo Marathon)」が開催されます。東京マラソンはおよそ3万6000人が参加する国内最大規模のマラソンで、今では世界の主要なマラソン大会のひとつとなりました。そんな東京マラソンについて英語で説明してみましょう。

年ごとの単語の出現頻度を調べられる「Google books Ngram Viewer」が便利!

Google books Ngram Viewer」を知っていますか? 私は先ほど知ったばかりなのですが、なかなか面白いので早速ご紹介したいと思います。タイトルからわかるようにGoogleのサービスです。

簡単に言うと『大量の本を検索して年ごとにヒット数を調べられるサービス』です。例えば「stewardess(スチュワーデス)」と「flight attendant(客室乗務員)」を検索してみると、1900年代は圧倒的に「stewardess」が使われていたのに2000年には「flight attendant」の方が多く使われているというのがグラフで一目瞭然にわかります。

スポンサーリンク